利息天引きと実質年率

フリーローン借り換え

利息天引きと実質年率

 天引き利息について、わからないな、っていうヒトがいますよね。そこで、利息天引きと実質年率について調べてみました。利息が天引きされるというのは、表面金利に相当する利息の額を、融資された時に、徴収されるという融資方法で、1ヶ月分の金利が最初に引かれてしまうというものです。このことで怒るのは、実質年利では、29.2%を超えてしまうんですね。29.2%というのは、出資法で決められている上限です。


 つまり、実際借りた額よりも、多くかりたことになってしまうということですね。利息というものは、実際に受け取った額で計算するので、債権の元本額というのは、約定通りなのだそうです。利息に関する法律というのは、利息制限法というものと、出資法という法律があります。利息制限法というものは、民事上のこととして、利息を制限しているものです。もし、制限利息を超えた場合の分の利息は無効になります。


 制限利息をこえた部分の利息を、払ってしまったという場合、それは、元本に入れられて計算されます。このときに、債務者が任意に支払った場合は、有効となりますが、そのときに上限利率は、出資法の制限利率で規制されています。利息制限法の制限利率は、元本が10万円未満の場合は、年率20%で、10万以上100万円未満であれば、年率は18%、元本が100万円以上だと、15%になります。


関連サイト

モビット即日融資!Web完結申し込み審査の流れ【在籍確認なし?】
モビットのキャッシングは、Web完結が出来て、即日借り入れも可能。
10秒結果表示のサービスもあるので使いやすいですね。
www.cardloan-webkanketsu.com/

Copyright (C) フリーローン借り換え All Rights Reserved