ローン契約と収入合算の考え方

フリーローン借り換え

ローン契約と収入合算の考え方

 ローン契約と収入合算の考え方ですが、たとえば入居予定のマンションの一部を、事務所として使用する場合、夫婦が各住宅ローン控除を受けられるかどうかという問題がありますよね。収入の合算などがどうなるのか?というところですが、ローン控除の適用条件というものがあって、それを考えた場合、専有面積の半分以上が居住用となれば、住宅ローン控除が受けられるという話もありますよね。


 その場合、ご主人も奥さんもローン控除は受けられるようです。ただし、連帯債務者と、連帯保証人をはっきりと区別しておく必要があります。連帯債務というものは、何人かの債務者が同じ内容の給付で、各自が独立して、すべての給付を行う義務があって、債務者の給付があるという場合はh、他の債務者の債務も全部消滅する債務ということになります。


 連帯保証とは、保証人が主たる債務者と連帯することで、債務を負うことをいいます。保証債務は銀行などの債権者と保証人との間の保証契約になります。これらの、連帯債務と連帯保証では、住宅金融公庫などの公名期間で扱っています。この場合、収入合算による関係を連帯債務者とするようです。ただし、この収入合算ですが、親子や夫婦の場合はできるのですが、兄弟や姉妹といった場合は合算できないので、その点を注意する必要があります。

Copyright (C) フリーローン借り換え All Rights Reserved